ゆっくりプレイスSS

ゆっくり虐待のSSをまとめるブログ

「おーい、ちょっと来てごらん。」 
「え、なになに?」

そう言葉を交わす二人は、付き合ってだいたい1年になるカップル。 
時は流れど、二人の間に流れる愛情は変わらず、いや、日ごとに深みを増していく幸せな二人だ。 
そんな二人が付き合い始めてから、初めてのクリスマスがやってきた。

続きを読む

ここは、10年前の日本。とある大きな街。外には前もって通達されていた知らせにより、人っ子一人いない。 
その知らせとは「一斉駆除」の知らせ。 
これにより、一般人からの有志以外は、終了の知らせがあるまでは自宅待機というわけだ。 
 
飼いゆっくりも、絶対に外には出さず、出て死んでしまってもそれは飼い主の責任とされる。 
駆除の数日前に行われた有志を募る場では、人々は前々から野良ゆっくりに対して怒りを募らせていたためか、 
予想以上の数が集まり、その場で抽選が行われる事態となってしまった。

続きを読む

ゆっくり。それはここ十数年の間に、突如現れた謎の饅頭。 
人々は人の頭で出来た、人語を介するその饅頭に様々な反応を示した。 
ある人は、悪魔、もしくは神の使いだと。 
ある人は、生き物であると。 
ある人は、生き物でもなんでもないただの饅頭だと… 

続きを読む

今日この町に、一人の青年が訪れた。 
この青年は、ゆっくりの虐殺を趣味としており、短時間で、大量のゆっくりを潰すことに 
この上ない快感を感じるような人間であった。 
なぜ、そんな青年がこの町に来たかというと

続きを読む

ガン!ガン!

「ごっ………ばぁっ!!」 
「っっ………ぢいいぃぃ~~~~!!」

れいむとありすの身体が、次々と金槌の打撃を受ける。 
これまでとは比べ物にならない硬質のダメージが二匹を蹂躙する。

饅頭というものはもともとそう固くはない菓子だが、 
激しく中身を流動させて運動する以上、ゆっくりは実際の饅頭よりもさらに柔らかい。 

続きを読む

「さあ、ここが君たちのゆっくりプレイスだよ。ゆっくりしていってね!」 
「「ゆっくりしていってね!!おにいさん、ありがとおおぉ!!」」 
「ごびゃんしゃん!!ごひゃんじゃああん!!」 
「おにゃがじゅいだおにゃがじゅいだおにゃがじゅいだああぁ!!」

続きを読む

「ゆ゛ぶう゛………ゆぶ゛う゛………あばあば………」 
「もうあんなこたちとはあそべないよっ!!せいっさいっしてよおおぉぉ!!」 
「ごべんね………ごべんね………おぢびぢゃん…………おがあざんがわるがっだよ………ごべんでえぇ……!!」

続きを読む

おさぁ!ちょっときてほしいんだよー!!おさぁぁ!!」 
「むきゅう……またあのおちびちゃん……?」

うんざりした表情でぱちゅりーは顔を上げる。傍らの串まりさがちっちっと串を鳴らした。 
駆け込んできたちぇんはぜいぜい息をつきながらぱちゅりーに訴える。

続きを読む

「ゆっくち!!ゆっくち!!」 
「ときゃいは!!ときゃいは!!」 
「ゆゆ~ん!!きょうもおちびちゃんたちはゆっくりしてるよぉ~~!!」

ゆっくり達の間の抜けた声が家中に響く。 
それぞれ「ゆっくち」と「ときゃいは」を壊れたラジオのようにひたすら連呼しながら、 
赤れいむと赤ありすはそこらじゅうをずりずりと這い回る。 
まだぴょんぴょんと飛び跳ねられるほど成長はしていない。

続きを読む

↑このページのトップヘ