ゆっくりプレイスSS

ゆっくり虐待のSSをまとめるブログ

カテゴリ: 投稿作品

ネタ被り、誤字脱字等ありましたらご容赦ください。

どちらかというと人間の描写が多いです。

虐待というほどの描写はほとんどありません。

 

 

 俺は親から受け継いだ、裏手には山があり向かいには田んぼが広がっている、そんな田舎の家に暮らしていた。

 

敷地は田舎だけあってそれなりに余裕があり、庭には柿や梅の木、そして小さいながらも畑があった。

 

これは両親が退職後に始めたものであり、そこで収穫した野菜が食卓に上ることもしばしばあった。

 

 休みの日には時折手伝っていたこともあり、両親亡き後も俺はその畑を維持することにしていた。

 

 畑には今、秋に向けてカブやニンジン、サツマイモなどをメインにした野菜たちが順調に育っている。

 

 そろそろ収穫する日にちを考え始めてもいいな、そんなことを思いながらその日の畑仕事を終え、家へと戻った。


続きを読む

ちゅうい

※初投稿で文才さんが死んでるよ。

※主人公がちょっとサイコパスだよ。

※あまり虐待描写はないよ

巫女とすてきなおくりもの

舞台は幻想郷ー。

そこではある日、こんな噂が唐突に広がりました。

ー顔だけの生物が暴れまわっているー。

村人達は怖がり、誰も山へと近づこうとしません。というか、家から極力出ようとすらしませんでした。

紅白の巫女はこの事態をとても重く見ました。参拝客が来ず、賽銭が貰えない。

それだけ。たったそれだけ。しかし、彼女にとっては最大級の緊急事態。それが彼女を激怒させたのです。

彼女はその生物を徹底的に調べました。賽銭のことを思うと睡眠時間は9時間で大丈夫でした。

調査には長い時間を費やしました。なにせ全て1人でやっているのです。それに情報量が少ない。しかし、彼女はあきらめませんでした。


続きを読む

ユメリカンクラッカー

 

 <ユメリカンクラッカー>

それは鬼威惨主催のもと行われる、ゆっくり家族同士の対戦競技だ。

 

お兄さんはリング状のもの、紐、釣り針、少し豪華なあまあまをもってゆっくりが住んでいる公園へ向かった。

 

「勝てばあまあまがもらえるゲームがあるんだけどやってみない?」

 

「ゆっ!あまあまさん!?やるよ!ゆっくりしないではじめてね!!」

 

適当な家族へと声をかけると、賞品のあまあまに釣られた親ゆがロクにルールも確認せずに参加を表明する。


続きを読む

『れいむのいっせいくじょ』21KB
制裁 ゲス 野良ゆ 公園 一斉駆除 実験 最強 ご都合主義?
※ここのゆっくりは基本ちょっと賢いか頑丈です。(ちょっと?)
※文才さんどこおぉぉ
※独自設定を他者様から無断で沢山お借りしております。多分。

ゆっくり。
突如世界に降ってわいたように出現し、人間の神経を逆撫でして害饅頭やら糞饅頭と罵られる一方で、一方ではペットや家族として愛される、そんな不思議な存在。

彼らはゆっくりすることを目的として、日々ゆっくりしようとしている。
その一つが"おちびちゃん"、つまり子供だ。
飼い、野良、関係なくゆっくりは番と子供を欲しがる。
もちろん、子供がいるとうるさい上にご飯も大量に必要、周囲も汚れるとあって殆どの人間は飼いゆっくりに子供を作らせようとしない。
しかしそれでも子供を作ってしまうのがゆっくり。
更に言えば、人間による強い忠告を受けても子供を作るゆっくりだ、野良ゆっくりは制止する者もおらず、無尽蔵に子作りしてしまう番もいる。
公園などに暮らす野良ゆがそれによって増えすぎた結果、発生するのは人間の公園利用の妨げである。
そして、ようやく説明だけの文章から抜けるが、僕の勤めるこの「加工所」は、そんな増えすぎたゆっくりを減らす"一斉駆除"という業務を行っている。
ゆっくりが饅頭であることを利用したお菓子類、それと飼いゆっくり用の餌やグッズの製造が主な業務だが、同じゆっくり関係ということで一斉駆除も行っているのだ。
勤めると言ってもアルバイトである。一斉駆除は春と秋に多くなって夏や冬には少なくなるので、その分の人員をアルバイトで調整しているのだ。
アルバイトでここに勤め始めたは良いが、一斉駆除は多くなるとはいえ不定期なので、今僕はこうやってこの監獄みたいな6畳程度の事務室の椅子に座って新聞を読みながら連絡を待っている。
一斉駆除の受付窓口(電話)。職員がすべての公共施設を見て回るのでは非常に非効率的なので自治体なんかから連絡があってから急行する。


続きを読む

裏切った飼いゆっくりれいむと裏切られ鬼威惨

ゆ生門あき 誤字脱字があるかもしれない

 

 

私はお兄さんである。社会の誰から見ても「ごく一般的だ」と言われるような目立つこともない男だ。

都会の方に住んでから両親とは疎遠であり、そして私には妻はおろか彼女すらいない。この世界には女の人こそ沢山いるのだが・・・

今、私の説明を聞いて皆は「身寄りのいない、寂しい男だ。」と感じるだろう。半分当たりなのだが少し違う。一人・・・いや、「一ゆ」私には理解者が「いた」のだ。

その一ゆについての話をしよう。

 

「ゆ!おかえりなさい!」

家に帰ると聞こえる声。ぼよんぼよんと跳ねながら私の方へ来る一匹の饅頭。

私は「ゆっくりれいむ」と呼ばれる生物(なまもの)を飼っていた。

 

続きを読む

ゆっくり家族と狂った感情 ゆ生門あき
虐待 気持ちが悪い描写がありますお気を付けください。


もはや真夏の日。町の壁の隙間。この中に一つの家族あり。ありすとまりさの夫婦であった。
前は公園に住んでおり、その頃は他のゆっくりが殺されるのは当たり前、ゆっくりできないのは当たり前であったが、数日前に見つけたこの隙間に住んでからは野良としては幸せな生活をしていた。

朝は狩りとしてまりさが近くのゴミ捨て場へ。帰ってからそれを蓄え、ご飯を食べる。うんうんをし、ありすとゆっくりする。当たり前のようなことだが、それが幸せであった。

続きを読む

ゆっくりお野菜戦争+α ゆ生門あき
虐待 

改めて、ゆっくりとはいつの間にか発生し、人々に可愛がられ、そしてゴミのように捨てられた生物である。
最近問題のゆっくり害もまた、人間が増やしすぎて起こった人災ではないかと言う人もいる。

ある農村の話である。山に囲まれた自然豊かな村であった。現代社会では村の真のつながりはなくなっていると述べる者がいるが、この村の人々は協力し合い、活気があった。

そして“ゆっくりの害”が目立ち始めたころ、この農村の近くの山にも“ゆっくり”が見られた。
初めは害があるのではないかと思われたが、腹を割って、ある群れの長と村長が話し合ったところ、意外にも意気投合。村の仲間となった。

続きを読む

海とゆっくり ゆ生門あき
いじめ

遂に夏が来た。そして休みも来た。
このクソ暑い日だが、休暇が取れるとなるとうれしいものだ。
夏、休暇・・・やはり「海へ行く」が一番であろう。
鬼威惨はそう考え、車に軽食や釣り具などを入れ、海へ出かけるのであった。

続きを読む

ゆ生門 ゆ生門あき
注 ゆっくりが漢字を使います ほとんど同じ内容になってしまっています

「ゆ生門」
ある日の夕方のことである。ひとゆの“ゆっくりようむ”がゆ生門の下で雨止みを待っていた。
群れの門の下には、ようむ以外に誰もいない。ただ、朽ちそうな柱に、小さな虫が1匹とまっている。
このゆ生門が群れの正面にある以上は、このようむのほかにもゆっくりが2,3匹いそうなものである。しかし、ようむの他にはだれもいない。
なぜか。ここ1ヶ月ほど、この群れには動物とか嵐とか捕食種とか人間とかいう災害が続いて起こった。そこでこの群れの衰えが普通ではない。群れの長すらもこのことによって精神的にゆっくりできていない。
群れがその始末であるから、ゆ生門の修理を誰も顧みる者はいなかった。
そしてこの荒れ果てたのをよいことにして害虫が住む。浮浪ゆっくりが住む。とうとうしまいには、どうすることもできないゆっくりの死骸を、この門に持ってきて、棄てていくという習慣さえできた。そこで、群れのゆっくり達は気味を悪がって、この門の近くへ立ち入ることがなくなってしまったのである。

続きを読む

スナイパーさん 後編 ゆ生門あき
駆除 ゲス 制裁 群れ崩壊 20KB

第2ラウンド。鬼威山はエアガンの狙撃銃をバックにしまい、lineで友人鬼威惨に
「そろそろ突っ込むぞ。いったん集まろう。話したいことがある。」と送る。
「?何かわからんが、分かった。今向かう。」

それから5分後、二人の鬼威山は集まった。

「なんだ?」
「群れの中に殺されたと思っていたちぇんがいた。それに連れ去られた囚ゆんをもとの家に戻そうと思う。」
「はあ?何を言っている?ちぇんを救うことは賛成だがなんで他の奴らも助けるんだ?」
「ここの村の人たちはみんなゆっくり達と共生していた。こいつら以外とはね。囚ゆんを殺したらその群れが反発して、ゆっくりの災害が起こるかもしれない。頼む。」
「ああ、まあそうゆうことなら・・・しかたないか・・・」

続きを読む

↑このページのトップヘ