ゆっくりプレイスSS

ゆっくり虐待のSSをまとめるブログ

カテゴリ: 紅玉あき

ここは、いつも賑やかなとある街。 
しかし、今日はいつもと違っていることがある。

ある小学校の校庭。いつもは子供達が遊び、笑う場である。しかし今日は日曜日。 
平日とはうって変わって静かな場所であるはずなのだが、今日はとてもやかましかった。

校庭の外には野次馬が集まり、一様に写メなどで校庭内のもの珍しい光景を撮ろうとしている。

続きを読む

「はぁっ…はっ…げほっ、う…げほっ。」

傷だらけのふらんが、飛ぶこともせず夜の森を跳ねていた。 
なぜ、飛ぶことができないか。理由は体中の傷にある。 
先程まで、このふらんは虐待趣味の男により凄惨な虐待を受けていたのだ。 

続きを読む

「おーい、ちょっと来てごらん。」 
「え、なになに?」

そう言葉を交わす二人は、付き合ってだいたい1年になるカップル。 
時は流れど、二人の間に流れる愛情は変わらず、いや、日ごとに深みを増していく幸せな二人だ。 
そんな二人が付き合い始めてから、初めてのクリスマスがやってきた。

続きを読む

ここは、10年前の日本。とある大きな街。外には前もって通達されていた知らせにより、人っ子一人いない。 
その知らせとは「一斉駆除」の知らせ。 
これにより、一般人からの有志以外は、終了の知らせがあるまでは自宅待機というわけだ。 
 
飼いゆっくりも、絶対に外には出さず、出て死んでしまってもそれは飼い主の責任とされる。 
駆除の数日前に行われた有志を募る場では、人々は前々から野良ゆっくりに対して怒りを募らせていたためか、 
予想以上の数が集まり、その場で抽選が行われる事態となってしまった。

続きを読む

ゆっくり。それはここ十数年の間に、突如現れた謎の饅頭。 
人々は人の頭で出来た、人語を介するその饅頭に様々な反応を示した。 
ある人は、悪魔、もしくは神の使いだと。 
ある人は、生き物であると。 
ある人は、生き物でもなんでもないただの饅頭だと… 

続きを読む

今日この町に、一人の青年が訪れた。 
この青年は、ゆっくりの虐殺を趣味としており、短時間で、大量のゆっくりを潰すことに 
この上ない快感を感じるような人間であった。 
なぜ、そんな青年がこの町に来たかというと

続きを読む

ゆっくりSS

本日、日本の国会である案が通された。 
それは、日本にのみいる、いや、〝有る〟一つの種を壊滅ないし全滅させる、というものだ。 
日本史上、いや人類史上稀に見るこの案が通った事で、一部の人間は戦々恐々としたが、 
日本人のほとんどは狂喜乱舞するという異常事態に陥った。

続きを読む

↑このページのトップヘ