ゆっくりプレイスSS

ゆっくり虐待のSSをまとめるブログ

カテゴリ: カルマあき

結局、狩りには家族全員で行くことになった。 
せっかく夜の間にできなかったすーやすーやをしようとしていたおちびちゃんたちは大いにぐずったが、 
きめぇ丸が唯一恐れているお父さんまりさの側から肌身離さずにいるしかないという結論になり、 
泣き叫ぶおちびちゃんたちをれいむの頭の上に乗せ、まりさがれいむの護衛をして連れていくことになった。 

続きを読む

「ゆっ!ゆっ!ゆっ!ゆっ!」

またあの鳴き声がする。

このごろ、役所での勤めを終えて帰ってくると、家の中にあの生き物が侵入していることが多くなった。 
疲れた体に、さらに重い徒労感がのしかかってくる。

続きを読む

ゆっくりという生き物の語彙は、陳腐でいながら不可解だ。 
乏しい知能と記憶力で種族の中に蓄積されていく言語に、最近、また新しいものが加わったようだ。 

日々大量に生まれ、大量に死んでゆくゆっくり共。 
その生死流転のサイクルの中で、哀れなほど脆弱な「文化」らしきものが、それでも確かに形成され、伝えられていく。 
言語のレパートリーもその一つで、おもに人間の模倣をすることで増えていくらしい。

続きを読む

ガン!ガン!

「ごっ………ばぁっ!!」 
「っっ………ぢいいぃぃ~~~~!!」

れいむとありすの身体が、次々と金槌の打撃を受ける。 
これまでとは比べ物にならない硬質のダメージが二匹を蹂躙する。

饅頭というものはもともとそう固くはない菓子だが、 
激しく中身を流動させて運動する以上、ゆっくりは実際の饅頭よりもさらに柔らかい。 

続きを読む

「さあ、ここが君たちのゆっくりプレイスだよ。ゆっくりしていってね!」 
「「ゆっくりしていってね!!おにいさん、ありがとおおぉ!!」」 
「ごびゃんしゃん!!ごひゃんじゃああん!!」 
「おにゃがじゅいだおにゃがじゅいだおにゃがじゅいだああぁ!!」

続きを読む

「ゆ゛ぶう゛………ゆぶ゛う゛………あばあば………」 
「もうあんなこたちとはあそべないよっ!!せいっさいっしてよおおぉぉ!!」 
「ごべんね………ごべんね………おぢびぢゃん…………おがあざんがわるがっだよ………ごべんでえぇ……!!」

続きを読む

おさぁ!ちょっときてほしいんだよー!!おさぁぁ!!」 
「むきゅう……またあのおちびちゃん……?」

うんざりした表情でぱちゅりーは顔を上げる。傍らの串まりさがちっちっと串を鳴らした。 
駆け込んできたちぇんはぜいぜい息をつきながらぱちゅりーに訴える。

続きを読む

↑このページのトップヘ