ゆっくりプレイスSS

ゆっくり虐待のSSをまとめるブログ

タグ:希少種

「♪ゆーんゆーんむーきむーき、こーたつむりー、なのじぇ♪」

冬、雪こそ積もっていないものの、寒風が吹きすさぶ森の中を1匹の赤まりさが這っている。 
だが、その姿は通常のまりさ種とは大きく違っていた。 
どこが違うかというと……お飾りである。 
饅頭の身体をすっぽりと覆うように被さった「それ」は、日本人にはとてもお馴染みの暖房器具「こたつ」にそっくりだ。

続きを読む

「はぁっ…はっ…げほっ、う…げほっ。」

傷だらけのふらんが、飛ぶこともせず夜の森を跳ねていた。 
なぜ、飛ぶことができないか。理由は体中の傷にある。 
先程まで、このふらんは虐待趣味の男により凄惨な虐待を受けていたのだ。 

続きを読む

↑このページのトップヘ